有料老人ホームの費用はいくら?簡単に分かる費用の考え方

有料老人ホームの費用の内訳

有料老人ホームの費用の内訳を簡単に説明します。

  • 一般的な老人ホームは、
    入所一時金などの初期費用
    月額利用料金

この2つがかかります。

入所一時金がかかる上に、毎月の利用料がかかるため、ご家族の負担が大きいとされるのです。
ただし、特別養護老人ホーム(別称:特養)は、初期費用の負担がありません。
入居後の自己負担も少ないです。

そのため、いわゆる「空き待ち」になっているところがいいです。

施設によって変わる料金

費用に関しては、老人ホームによってかかってくる総額がことなります。

入居時にかかる費用だけでなく、月額の利用料金もサービス内容によってことなります。
月額利用料を年金の範囲に収めたいという方も多いのですが、人気がある老人ホームは順番待ちの状態になっていることが多いです。

介護サービス費について

月額利用料金の中には、介護サービス費というものがあります。

一般的に、手厚い介護になればなるほど、この費用は高額になります。
例えば、要介護度が高くなるほど高額です。

また、職員の勤務体制、ホームで対応する介護のサービスなどによって、介護サービス料金に加算金が発生するケースもあります。

居住によって変わる費用について

ご高齢でもお元気なうちはプライベートを保ちたいというご希望がありますよね。一般的な考え方ですが、個室のほうが費用が高く、多床室になればなるほど費用は安くなります。

多床室というのはいわゆる共同生活に近い状態です。

一言で老人ホームといっても、種類があって、その種類によって費用も異なります。入居前に比較してみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です