後悔しない老人ホーム

年を取れば誰しもが入居する可能性があるのが老人ホームです。
でも、一口に老人ホームといってもさまざまなタイプのところがあります。

ひょっとしたら、思いもかけず長い時間を過ごすかもしれないのが老人ホームです。

選ぶポイントをしっかり踏まえておけば、自分にも、そして大切な家族にもぴったりなところを選べますよ。

そこで今回は、老人ホームの選び方についてご紹介します。

選ぶ基準

老人ホームの選び方は、自分なりの基準をもとにすると良いでしょう。
基準とは、費用はもちろんのこと、介護やサービスのレベル、施設の雰囲気などに分けられます。

まずは予算を考え、その範囲で自分の優先度を決めていきます。

費用

何はともあれ、自分にとって最良の老人ホームの選び方は、費用を考えることから始まります。
費用を自分で工面できるかどうかが最優先項目なのです。

入居金などの初期費用や月々の管理費、介護費などの他に、最低限の生活費もかかってきます。
万一に備えた治療費やお葬式の代金も別にしておく必要があるでしょう。

まずは、これら全体を考えた上で、自分の資金計画を立てることです。
その上で、経済的に無理なく払っていけるところを選ぶようにしましょう。

介護

老人ホームに入った後も、年と共に介護が必要な度合いは高くなっていくことが予想されます。
老人ホームなので最期までお世話してくれるところがほとんどですか、
お世話の範囲内となるのはホームによって考え方が異なってきます。

病気になった時のお世話が含まれないのであれば医療機関に入院する必要がありますし、寝たきりや認知症になれば入居し続けられないところも少なくありません。

雰囲気

老人ホームの雰囲気がどんなものかはとても重要なことです。

一見、高級ホテルのようなところもよくありますが、実際に過ごすとなるとそれ以上に大切なのが雰囲気だと気づくはずです。
他国のホームを例に挙げると、立派なホームとなると食事の際にはネクタイを着用することがドレスコードになっているところもあるといいます。
これは極端な例だとしても、そこの雰囲気に馴染めるかどうか、自分が快適だと思えるかどうか、ということをじっくり考えなければいけないでしょう。

生活スタイル

また、共同生活となることから生活スタイルが自分に合うかどうかも大切なことです。

特に、それまできままな一人暮らしをしていた方などは重大問題でしょう。
例えば、昼頃に起床して入浴し、食事は好きな時にとって夕方は外でお酒を飲むといったスタイルだった方が、起床は7時、3度の食事は決められた時間と場所で取り、入浴は夕方のみ、と決められている施設で生活するのは非常に窮屈と感じるに違いありません。

その他

他にも、都会か郊外かといった立地条件、治療食が必要か、買い物できるところは近くにあるか、交通の便は良いか、ケアは24時間体制なのか、といったこともチェックしましょう。

見学の際の注意点

入居する前には、見学や体験入居をすることは必須です。見学であれば複数の人と行くと、違った視点から施設を見てもらえておすすめです。

また、1度切りではなく、違う時間帯や違う季節に行くなどすると、違った面を見ることができます。
さらに、1か所ではなく複数のホームに行くことで比較ができます。このような老人ホームの選び方を踏まえれば、きっと満足のいくところに出会えるでしょう。

終の棲家となる可能性があること考えると、多少の時間と手間がかかっても十分に納得してから契約するのはとても大切なことなのです。

見学の手配などは、個人で直接連絡するよりも、紹介してくれる専門サービスを間においたほうがスムーズです。1つの施設だけでなく、複数比較してもっともいい老人ホームや介護施設も選べます。

専門家の目を通して選ばれた施設なら、その特長もわかって安心ですよ。

老人ホームや介護施設の見学の手配なら、老人ホーム評判 infoA というサイトでいろいろ紹介されています。

見学前に老人ホームの評判をチェックして、確認すべきところを明確にしてでかけるのがおすすめですよ。介護が必要で選べる施設が限られてしまう方ほど、紹介サービスをつかうのがおすすめです。そのほうが妥協なく、快適な老人ホームが選べます。

老人ホームへの入居を考えるタイミング

老人ホームへの入居を考えるタイミングですが、入居予定者が自分で考えることもあれば、家族が考えることもあるでしょう。

同居しているケース

高齢者と同居しているケースでは、要介護になって家族の負担が極端に増えてしまった場合、どうしても身内ですとわがままが顔を出します。これは家族ならではのこと。気を許しているからこそなのですよね。

前向きな意味で間に施設をいれて距離をとることで、お互いが疲れずにいい関係を築けることがあります。

「家族を施設に入れるなんて」と自分を責めてしまう方もいるようですが、ケアマネージャーさんに話をするなどして、状況を客観的にみてみることも必要です。前向きに、心地よく生活ができる環境を求めるというのは悪いことではありません。

別居しているケース

息子夫婦が実家から離れて暮らしているようなケースで、親を心配して老人ホームへの入居をすすめるのは自然なことです。
特に、病気持ちの場合。親御さんはまだまだ一人でなんとかなると思っていても、客観的には心配な状況というのもあるものです。離れて暮らしていると日常が見えませんから、余計に心配ですよね?

最近では、高齢者の「見守りサービス」も出てきているくらいで、核家族社会の現在としては、将来的に老人ホームでの生活を考えるのは自然な流れともいえます。

例えば、セコムでも、ホームセキュリティの高齢者見守りサービスがありますし、大手探偵事務所の原一探偵事務所でも、高齢者見守りサービスを提供しはじめました。
探偵と高齢者見守りはすぐに結びつかない組み合わせだと思いますが、親御さんの車の運転が心配な子供さんが、尾行をして運転様子を動画で撮るなどのサービスをオーダーメイドで提供しているそうです。フラフラと車を運転しているご自分の姿を客観的に見ることで、老人ホームの入居を前向きに考えられるケースもあるようですよ。

原一探偵事務所のサービスについては

原一探偵事務所の詳細

で、原一探偵事務所について確認してみて下さい。

セコムの高齢者見守りサービスでは

セコム・親の見守りプランの料金

などが参考になります。セコムの場合は、生活動線にセンサーを設置して一定期間動きがない場合はセコムが確認してくれますし、原一探偵事務所の場合は、カンセリングの後に、所定の調査を行って報告してくれます。老人介護にも詳しいスタッフをおいて丁寧な対応をしているようです。

入居者本人が前向きになることが大切

高齢者の方の中には、共同生活になれていないこともあり「自宅にいるのが幸せ」とある意味思い込んでいるケースも見受けられます。ですが、一昔前の老人ホームと現在の老人ホームでは実際に足を運んで見るとかなり印象が違うはずです。

一人でいるよりも、見守る人がいるという幸せに築くことも大切ですね。
先ほど、セコムや原一探偵事務所の「高齢者見守り」の例をあげましたが、一度、自分の状況を客観的に確認してもらって上で、老人ホームに入居するメリットを根気よく理解してもらい、前向きになれるようにサポートしていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加